内示

造船所による応札の後、船主は応札内容の評価を始めます。

複数の造船所から応札があった場合は、応札内容が良い造船所を選び、ショートリストというリストにまとめます。

ショートリストに残った造船所の評判や財政状態を調査し、船主が求める船を建造できる能力があるかどうかを確認します。

この段階で、船主が造船所に技術資料を追加要求することや、造船所に訪問することもあります。

このような調査の結果も考慮して、建造を依頼する造船所を決定します。

建造を依頼する造船所が決まったら、船主はその造船所に発注を内示します。

内示とは、「内々に示すこと」です。

船主と建造を依頼された造船所だけで情報を共有します。

船主が確約書(Letter of Intent;略はL/I)を発行して造船所がそれを確認します。

船主と造船所の両方が確認書を作る場合もあります。

確約書も確認書も内容はほぼ同じです。

船主名、造船所名、仕様の概略、船価、引き渡し時期、支払い方法など、契約に関する基本的なことが記載されています。

内示なのでこの時点では正式に契約を結んだわけではありません。

正式な契約は、内示後の造船所の基本設計と船主打合せの後に行います。

ごまお


★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE スタンプ一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』のスタンプをチェックしよう!

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE絵文字一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』の絵文字をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました