引合

船の一生は「引合(ひきあい)」から始まります。

ここでいう引合は、「注文などの問い合わせや依頼」という意味です。

船を注文する人や会社のことを、船主(Ship Owner)といいます。

船主は、造ってほしい船の性能や、希望の建造期間、建造費用を検討します。

それらの条件で船を造ることができるかを造船所に検討してもらいます。

複数の造船所に検討を依頼する場合もあります。

造船所の検討結果を評価して、その造船所で造ってもらうかどうかを決定し、良ければ建造契約を結びます。

ここまでの流れを「引合」といいます。

造船所の営業部門は、毎日様々な情報を集めており、船を注文したい人にアプローチすることもあります。

海外に営業事務所を展開している日本の造船所もあります。

船主によっては、全世界の造船所に対して検討依頼をすることもあります。

依頼を受けた造船所の営業部門は、その船の建造目的や競合他社の動向などの情報を集め、設計見積など検討を始めていきます。

ごまお


★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE スタンプ一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』のスタンプをチェックしよう!

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE絵文字一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』の絵文字をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました